忍者ブログ
童貞2
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ロンドン14日時事】両ひざ故障のため実戦を離れている男子テニスの世界ランキング2位、ラファエル・ナダル(スペイン)は14日、自身の公式サイトで、8月のツアー復帰を目指し、20日から練習を再開することを明らかにした。
 バルセロナで検査を受け、順調な回復ぶりが確認されたナダルは「結果に満足している。一番好きなテニスの練習を始められることが楽しみだ」とコメントした。8月8日開幕のロジャース・カップ(カナダ・モントリオール)を復帰戦として調整する。
 ナダルは全仏オープン4回戦敗退を最後に、連覇が懸かったウィンブルドン選手権などを欠場。世界ランキング1位もロジャー・フェデ ラー(スイス)に奪回された。 
PR
エイベックスとUSENが共同開催するアーティストオーディション「a-motion’09」の決勝大会が6日、東京・渋谷区のSHIBUYA AXで行われ、東京都町田市在住の中学1年生、川越咲良(さくら)さん(12)がグランプリを受賞した。

 今年で5回目の同大会には8035人が応募し、決勝には8人が参加。川越さんは審査員11人満場一致で歌唱力と将来性を評価された。

 ステージではワンピース姿で歌手、絢香(21)の「今夜も星に抱かれて」を堂々と伸びやかに熱唱した川越さんだが、受賞の瞬間は放心状態。「100%の力を出せました。安室奈美恵さんのようになりたい」と涙を流して喜んだ。

 ゲスト出演した第1回大会グランプリ受賞者で歌手、前川清(60)の長男、前川紘毅(23)は「僕なんかひょいっと追い越せる位置にいるので一緒に頑張りましょう」とエール。今後は両社がデビューに向けて全面的に支援していく。

ベストセラー「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」(中村克著)の盗用疑惑で、東京ディズニーランドを運営する「オリエンタルランド」(OLC、千葉県浦安市)の社内文集の作品数編も、OLCや執筆者の許諾を得ないまま転載されていたことが25日分かった。版元の「サンクチュアリ・パブリッシング」(東京都新宿区)は無許諾使用を認め、文集執筆者に謝罪した。

 文集はOLCが昨年4月に作った「Making dreams come true~これが私たちの仕事」。従業員らの体験作文など55編を収めた。

 版元によると、中村氏が資料として入手し、編集者が5~6編をほぼそのまま本に収録。中村氏はエピソードに対する短いコメントを書いた。転載について「調査中で今は答えられない」という。難病の少女との交流のエピソードを使われた執筆者は「思い出が汚されたようで悲しい」と話した。

 OLC広報部は「類似には気付いていた。著作権は当社にあり、著者や出版社に使用は認めていない」とのコメントを出した。【太田穣】
[ロサンゼルス 13日 ロイター] ロサンゼルス郡地裁の陪審団は13日、ビートルズなどの作品を手掛けた米音楽プロデューサーのフィル・スペクター被告(69)に対し、第2級殺人で有罪評決を下した。判決公判は5月29日の予定で、禁固18年が言い渡される可能性がある。
 スペクター被告は2003年2月、ロサンゼルス郊外の自宅で女優のラナ・クラークソンさん(当時40)を銃で撃って殺害した罪で起訴されたが、公判ではクラークソンさんの自殺だったなどと、犯行を否認していた。
 スペクター被告は1960年代から音楽プロデューサーとして活躍し始め、ビートルズのほか、ザ・ロネッツやライチャス・ブラザーズなどのヒット作品を手掛けた
西松建設事件が民主党の小沢一郎代表を直撃し、民主党の支持率は下落傾向。菅直人代表代行の側近が県連代表を務める秋田県知事選では、県連が支持する候補が苦戦を強いられており、水面下では早くも小沢派対菅派の責任のなすりつけ合いも聞こえてくる。一方で菅氏が小沢氏に辞任を進言したとの情報をめぐり、菅氏と鳩山由紀夫幹事長とのしこりも指摘される。トロイカの亀裂は修復できるのか。

 6日夜、東京・音羽の鳩山会館で観桜会が開かれた。鳩山、菅氏らが参加したが、小沢氏の姿はなかった。この観桜会は「選挙区調整などで対立していた国民新党との仲直りが目的」(鳩山氏周辺)とされるが、民主党関係者は「トロイカの仲直りこそ、喫緊の課題ではないか」とため息をつく。

 トロイカ体制にすきま風が囁かれるきっかけとなったのは、菅氏が先月20日夜、小沢氏に党選挙対策本部長への就任を求める形で辞任を促していたとの報道だ。菅氏は否定に追われることになった。
優良出会いならココ 出会い系は安心ですから 人妻たちと

 また、与野党対決となった秋田県知事選(12日投開票)もその一つ。情勢は、自民党と社民党の県連が支持する候補が、民主党県連と国民新党県支部が支持する候補をリードしているが、小沢氏周辺議員はこう話す。

 「連合や衆院立候補予定者も相手陣営に付くなどねじれまくっている。民主支持候補は現職の寺田典城知事の後継だが、党県連代表は知事の次男・寺田学衆院議員。いわば『反寺田対寺田』の戦いであり、負けても候補者と寺田氏の責任だ」

 その寺田氏は、代表選で菅陣営の選対事務局長を務めた菅氏側近。それだけに、対立がささやかれているというわけだ。

 さらに深刻とされるのが、菅氏と鳩山氏の確執だ。小沢氏側近議員は「『菅氏が小沢氏辞任論をブチあげた』という情報を流したのは鳩山氏サイド」と打ち明けるが、菅氏周辺は「鳩山氏に一気に続投の流れをつくられ、菅氏は鳩山氏に一本取られたと思っている。『あの野郎』と思っているはずだ」と明かす。

 「鉄の結束」といえば、かつて小沢氏が所属した自民党田中派の代名詞だが、トロイカの結束はこの先どうなるのか。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R